闇金業者と関わると人生が終わる

近年、貸金業法の改正で総量規制というものができ、定期的な収入のない
専業主婦などが、実質的に消費者金融からはお金を借りることができなくなり
お金を借りることができなくなった多くの人たちが闇金業者を利用せざるを得ない
状況になっているということはニュースなどを見て知っていましたけど、
やはり、そんなヤミ金だとかいうものはどこか自分とは遠い世界の存在の
ような気がして、詳しくは知ろうとは思わなかったんですね。
しかし、うちの姉がまさに上記の原因でヤミ金を利用して返済に困っているというのを
聞いて、一気に、フィクションではなく現実問題としてとらえなくてはならなくなりました。
総量規制ができてからというものの、そこからあぶれた利用者を吸収しようと
ヤミ金業者はこれまでのブラックなイメージを払拭するべく、その営業形態を
ソフトヤミ金なるものに変えるところが増えたそうで、姉はまんまとそれにひっかかってしまったようです。
どうしても闇金というものはヤクザのニオイがするものですけど、
そんなところだと、まだまともな利用者は近寄りません。
しかし、ごく普通の正規の消費者金融のような雰囲気で暴力的な取り立てもしない、
店舗を持って営業していて、すぐにお金を融資してくれる…と、
金利が高いということには目をつぶって利用してしまう人が増えてしまうのでしょう。
しかも、姉が利用していたところは普通の消費者金融以上に親身になって
相談にのってくれたり、借金の返済日には担当の男性と外にでかけたりと
まるでデートのような恋人のような感じでドハマリしたということです。
これも当然、闇金手口であって、長く利息を支払わせるための作戦なわけですが。
結局、姉は姉夫と離婚することになり、自己破産をして借金問題を片付けることになりました。
私が考えうる限りでは最悪の結果だと思うのですが、それでもまあ、
片付いただけマシなんでしょうかね…。
借金問題はともすれば、人を自殺にまで追い込むような重大な問題ですし
誰も死なずに済んだのは幸いだったと思います。
ただ、姉の子供(中学生の男の子と、小学校高学年の女の子)は姉に
愛想をつかして父親のほうについていってしまったので
(さすがにそれくらいの年齢になると母親恋しいより、善悪判断を優先するのでしょう)
今、姉は生きる気力をかなり失っている状態で、このままだと
いつか自殺もしかねないのでは?と、嫌な予感がしています。
自業自得とはいえ、姉は相当子供好きだったので。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *