闇金被害!警察に相談する以外にやることは?

闇金とは、国や都道府県知事に登録していない違法業者のことで、貸金業法などの法律も守っておらず、利息制限法をはるかに超える高金利でお金を貸している業者です。これらの行為は重い刑罰の対象となるので、闇金の被害に遭ったらすぐに警察に相談をすることが大切です。
しかし、闇金は自分たちが違法業者だということをわかったうえで営業しているので、警察に捕まらないためのノウハウをもっており、なかなかつかまりません。また警察では借金問題についてはどうにもならないので、闇金に強い弁護士に相談をすることも大切です。
最高裁判例によれば、闇金からの借金は利息を支払わなくてよいのは当然として、元本すら返還する必要がないとされています。もしも被害にあったら、超高金利の利息を支払う前に弁護士に相談をして、弁護士の指示に従いましょう。法律事務所の中には、闇金に強い事務所とそうでないところがあるので、闇金を専門に扱っているような経験豊富な法律事務所に相談をすることがお勧めです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *