Monthly Archives: October 2015

闇金の元金と利息は判例に基づくと全額返還

闇金は法律が認める利息の上限をはるかに超えた金利で貸付を行います。その時点で闇金が貸し付けるお金、いわゆる元金は不法原因給付とし、利息は不法利得 として、その全額を被害者に返還するような最高裁の判決が下りています。その判例に基づき、今では闇金との違法な契約についてはその存在そのものが無効で あり、元金として支払われた金銭も利息に関しても全て被害者側に返還す\る事となっています。これは闇金側が特定できたからこそ返還を求めることができた わけで、今多くのシステムからも見られるように、電話と口座だけでやり取りしているような場合には、返還を求めることがなかなかできません。ただしもし利 用してそれを支払わなかったとしても、利用者はすでに被害者であり、その一切を支払う必要がないという根拠となります。利用すること自体が迂闊ですが、も し仮に利用してしまった場合には、一切を払わずに解決することが望ましいと考えられます。

闇金は転職をしても追いかけてくる

闇金は一度お金を借りて返せなかったが最後、どこまでもしつこく追いかけてきて貸した金を回収しようとするものです。
端から違法なことをしているわけですから、取り立てに関しても容赦なくとことんまでに追い込んで、あるだけのお金をどんどんと持って行こうとしてしまいます。

そのため、職場などにも借金のことが知られてしまって居づらくなってしまい、転職をしてどこかに逃げてしまおうかと考えたりする人も多いものですが、闇金の情報網というのは非常に広いものがあり、どこまで逃げてもしつこく追いかけてきて余計にプレッシャーを感じてしまうことになります。
そこで、そのような闇金の激しい取り立てに悩んだ時には、まず法律事務所であったり警察などに相談をするところから始めてみましょう。
闇金はこのような法律の知識のある相手が出てくるのを嫌がりますから、一人で悩んでいるよりもまずは誰かに相談をすることで解決の糸口を見つけることが重要となるのです。

闇金を利用してしまった場合は弁護士または司法書士に相談を

闇金という違法の金融業者をご存知の方も多いでしょう。高金利で貸し付けを行い、返済できないと容赦ない取り立てを行うため、絶対に利用しないでくださ い。普通の消費者金融を装って営業していることが多いのですが、ブラックに多額の融資を行うなどといった謳い文句が多いこと、携帯しか連絡先がないこと、 貸金業者の登録番号が事務所にないなどの点で見分けがつきます。最近では、ネット上に全国の闇金一覧のデータもありますので、申し込む前に一読しておくの がお勧めです。
もし闇金を利用してしまった、あるいは申し込んだという場合には、専門の弁護士や司法書士に相談するようにしましょう。介入通知を出してもらうことで、通常の場合は取り立ては止まりますが、違法業者ということもあり、通知が来ても督促をかけてくる業者もいます。そのような場合は、何度でも弁護士や司法書士に相談するようにしてください。また闇金から借りたお金は、違法業者ですので返済義務はありません。