Monthly Archives: July 2017

キャッシングの面接経験は就職活動に影響なし

学生のときに急にお金が必要になることはよくあることです。突然狙っていた彼女からデートの約束を取り付けたり、仲間内の親睦飲み会などチャンスや付き合いは突然やってきます。そんな時、手持ちのお金が少なければ困ってしまいます。バイト先の給料もそんなに簡単に前借できませんし、親の仕送りの催促もちょっと言いにくいものです。そんな時ついつい頼ってしまうのがキャッシングです。定職についていなくてもバイト期間が一定以上あればそんなにキャッシングはハードルが高いものではありません。そんな経験を就職活動時に思い出して、何か不利益になることがあるのではないかと心配する人がいます。結論から言うと、就職の面接などで不利になることはありません。キャッシングなどの個人情報は金融機関で厳重に取扱われており犯罪に関わるようなことでもない限り、一般には公開されません。民間企業間同士で共有しあうなどと言ったことはありませんので、面接時に何も心配は要りません。

キャッシングの利用を就職先に知られてしまう?

キャッシングの利用は、基本的に就職先には知られません。例外的に、金融機関に就職する場合には知られてしまう可能性はあります。例えば、A信販会社でクレジットカードを契約しており、キャッシングを利用して、延滞してしまっていたとします。A信販会社に就職をする時、選考の時にその履歴を調べられてしまい、採否に影響する可能性はあります。銀行などの金融機関に就職を希望している人は、消費者金融の利用実績などを調べられてしまう可能性はあるので、延滞をしないことはもちろん、消費者金融などの金利の高いところからは借りないようにしておくのが安全です。 しかし、基本的にはキャッシングの利用を就職先に知られてしまうということはありません。民間の企業は個人信用情報機関に加盟していないので、その情報を調べることができません。ブラックリストにのっていたとしても、そのことが就職に影響することはないでしょう。自分から話さない限りは、過去の延滞の情報などはもちろん、キャッシングの利用についても知られることはありません。